• > 
  • 俳優スクールのオーディションの流れとは?

俳優スクールのオーディションの流れとは?

自分の夢を叶えるために、まずはオーディションにエントリーをしなければなりません。しかしその後の流れはどのようになっているのでしょうか?合格すればすぐにデビューというケースもありますが、それは一般的ではありません。

またプロダクションによっては演技力テストや、自己アピールといった面接をする場合もあります。何も対策をせずに行ってしまうと痛い目を見る場合もあるので、正しい知識を得てしっかり対策した上で挑みましょう。

まずは書類審査

就職活動もオーディションも同じもので、大抵のスクールでは書類審査を行っています。プロダクションは日夜数多くの俳優志望の方からのアポがあります。正直、それに毎回対応していては時間がありませんしより有望な人材を求めています。

そのため、まずは書類審査でアナタのやる気や状況はもちろんですが、個性を確認します。残念ながら書類審査で落ちてしまった場合は、経験不足やその事務所が求めている人材ではなかったという事になります。再チャレンジ可能なプロダクションもあるので、経験や芸を磨いて再チャレンジ、または別の事務所にオーディション申込みを行う、どちらもアナタ次第です。
書類審査はウェブで行えるのがほとんどですので、複数のプロダクションにアポを取るなら簡易的で構いませんのでフォーマットを作ると便利です。

自己紹介や自己PRはしっかりと

人間関係でも言えることですが、自己PRや自分が思っている事をしっかりと主張せずに「察してくれるかな。」と思っていては、芸能界に入ることはできません。

一般的な仕事とは全く異なりますし、人間関係が重要になる芸能界だからこそオーディションでは自己PRを大切にしています。自分は何が出来るのか、何が得意なのかをプロダクションへアピールする事で、スクールはアナタが必要な人材なのか図ってくれます。

俳優は個性が重要ですし、量産型の人員は不要です。目立つ個性ではなくとも、自分だけが持っている特技やこだわりを見せることがオーディション合格への一歩です。またいくら素晴らしい特技や個性があっても、相手に伝わらなければ意味がないので、簡潔で伝わりやすいようにまとめておきましょう。

特技や演技力のテストがある場合がある

オーディションの中には書類審査に通った方が集められ、自己PRをしたら解散というケースもあります。しかし演技力や特技を披露するようなオーディションがあるのは知っていますでしょうか?

大勢の目の前で演技するのは緊張しますし、場合によっては普段のようにうまく演技が出来ないかもしれません。しかしそこで諦めることなく精一杯行う事で、プロダクションの目に留まるかもしれません。スクールによってオーディション内容は様々なので、挑むこちらとして多くの事象を想定していなければなりません。

オーディションが終わった後は、合否連絡を待つだけです。直接連絡が一般的ですが、ウェブ公開しているところもあります。合格すれば晴れて俳優の卵です。

まとめ

オーディションにエントリーし書類審査、その後オーディションを受けるといった流れになりますが、そのオーディションは事務所やプロダクションの方針によって実にユニークです。

自己紹介やPRはもちろんの事、即興演技ができるか試したり、大勢の前に特技を披露したりすることもあります。中にはオーディションを受けずに芸能界入りが果たせるケースもあるようですが、一般的ではありませんし地道に努力していく事で経験や個性のある俳優になれるといえます。

この記事をシェアする