• > 
  • 俳優になるための演技力はどのようにして身につける?

俳優になるための演技力はどのようにして身につける?

俳優として幅広く活躍していくために重要なのは、やはり演技力です。しかし、この演技力は簡単に身につくものではありません。しっかりとしたレッスンを受けて、着実に身に付けていかなければならないのです。レッスンにはさまざまな方法があります。どんな方法があるのか、まずは知りましょう。そして、その中で自分にぴったりの方法を見つけて、始めてみましょう。俳優への道が開けるはずです。

レッスンやワークショップで身につける

やはり、演技の上達のためには、専門の講師によるレッスンやワークショップを受けることが効果的でしょう。もちろん、自分で映画やドラマを見て、俳優の話し方、声、表情、動きなどを分析して学ぶこともできます。発声練習や動く練習などを自分の部屋で行うことも可能でしょう。しかし、やはりプロによって客観的な目で判断してもらい、適切な指導をしてもらうことが上達につながります。

レッスンやワークショップは、単発1日のものからあるので、まずは体験してみて、自分の改善点を知ることが大切です。また、今後もレッスンを受けたいと思う講師、教室を見つけることも重要です。レッスンは継続して受けることにより、効果が表れます。自分に合ったレッスンを見つけましょう。

現場で身につける

演技力を身に付ける体当たりの補法として、現場で身に付けるという方法があります。少しずつ習って、形になってからステージに上がるのではなく、まずは現場で、自分の体で体験し、演技を身に付けるのです。スキルやメソッドなどを人に聞いたり、部屋で練習することも大切かもしれません。しかし、実際に現場で出て実体験することのほうが大きな経験になるでしょう。

しかし、いきなり現場にでるというのも簡単なことではありません。まずはエキストラなどから体験し、現場の雰囲気を体感し、実際の俳優の動きを直接見るというのも勉強になるでしょう。また、たとえ小さな役柄であっても、現場で体験するためにオーディションを受けるのも大切です。いくつものオーディション現場での体験も力になります。

身につけるなら俳優スクールがおすすめ!

レッスンを受けながら、現場の体験のチャンスもあるのが俳優スクールです。俳優スクールとは、芸能事務所や学校などが運営しているものです。普通の学校のように、演技に関するさまざまな授業を日々受け、身に付けることができます。表現力、発声法、アクション、ダンスなど幅広いスキルを高められます。また、芸能事務所が運営しているような俳優スクールだと、所属俳優の作品でのエキストラや小さな役柄などから出演できるチャンスもあります。

レッスンを受けながら、現場での経験も積めるのが魅力的です。また、そこでの経験やスキルが認められれば、そのまま芸能事務所に所属できる可能性もあります。そうすれば、さらに俳優としての活躍の場が広がります。

まとめ

俳優として演技力は最も重要です。そのスキルを高めるためには、自分だけの努力ではなく、様々なプロの講師、レッスン、学校などの力を借りることも必要になってきます。プロの講師によるレッスンやワークショップでは、着実にスキルをつけていくことができます。現場に出れば、本物を自分の目で見ることができ、実践的に身に付けることができます。この2つを組み合わせたのが、俳優スクールだと言えます。演技力を磨くためには、自分に合った場で経験を積むことが大切です。

この記事をシェアする