• > 
  • 子供を子役にしたい親必見!俳優スクールのオーディションに受かる方法

子供を子役にしたい親必見!俳優スクールのオーディションに受かる方法

子供を持つ親は、自分の娘や息子がかわいくて、スターになれるのではないかと考える方も多いでしょう。そんな方におすすめなのが俳優スクールです。本格的に子役を目指す方はもちろん、幼いころから貴重な体験をさせてあげたい、人前で堂々と話せる人になってほしい、礼儀やマナーを身に着けさせたいなどといった様々な理由でスクールに通っている方がいます。スクールに入るにはオーディションがあるので、どうすれば受かるのかをご説明します。

子役の仕事内容

子役と言うと、幼いのに演技力のある天才!とイメージされる方もいらっしゃるでしょう。大人顔負けの演技ができて、映画やドラマで活躍する子どももいます。そうなるためには、大人と同じように、演技や発声方法などの訓練をしています。

また、タレントとして活躍する方もいます。子供向け番組では、同年代の子どもたちにも憧れられるタレントがいっぱいいます。番組を進行したり、歌ったり、踊ったりします。子供自身がいつも見ている番組、幼いころから見ていた番組で、自分から出演したいと夢を持っている子供も多いです。

ミュージカルや歌の仕事もあります。ミュージカルと映画やドラマの場合、演技や表現の仕方が異なります。よりオーバーな動き、演技が求められます。また、歌のレッスンもしっかりと受けて、発声方法を身に着ける必要があります。

CMの仕事もあります。赤ちゃん関連の商品、例えばおむつやミルク、ベビーカーといった商品の広告では0歳児から必要とされています。また、ファミリー向けのCMでは、幅広い年齢の子どもが出演できます。CMの場合は、テレビCMはもちろん、商品のパッケージやお店のポップ、WEB広告、パンフレットなど幅広い仕事が付随しています。

キッズモデルとして、ファッション広告で人気の子もいます。様々な商品が載るチラシの仕事、ファッションブランド専属モデルなどがあります。また、子供向けのファッション誌のモデルの仕事も人気で、雑誌の撮影はもちろん、ファッションショーなどのイベントの仕事もあります。ファッションに興味を持ちだす小学生に人気です。

このように、子役には様々な仕事があります。どれか一つの分野に専念する方もいるかもしれませんが、多くの方が様々な分野の仕事に挑戦しています。いろいろな経験を積むことで、自分が好きな分野、自分に合っている分野を見つけられるでしょう。

どんな子供が向いている?

子役は0歳から仕事があります。0歳から3歳までの子どもは、特別なレッスンをせずにオーディションで受かった子がメディアに出演できます。赤ちゃんの場合、すらっとした子よりもムチムチして赤ちゃんらしい体形の子が好まれたり、場所見知りや人見知りせずににこにこしている子が求められたりします。誰に抱っこされても、落ち着いていられる子が向いています。

3歳以上になると、実際に歌や演技、ダンスなどのレッスンが始まります。最低条件として、これらが楽しいと思えることが大切です。いくら才能があったとしても、自分からやりたいという気持ちがなければ、人に思いを伝えることはできません。子供が仕事という意識を持つのは難しいですが、単純に「好きなテレビ番組に出てみたい。」「かわいい、かっこいい服を着たい」などの気持ちも大切です。

また、年相応の子供らしさを持っていることも好かれるポイントです。子供らしい可愛らしさ、素直さ、純粋さなどを自然に表現できる人が子役として求められます。特別しっかりしていて、頭の回転が速い子である必要はないのです。その子らしさを表現できるかどうかが重要です。

面接必勝法

子役を目指すお子さんはたくさんいらっしゃいます。そんな中で選ばるためには、他の人が持っていない自分なりの個性をアピールする必要があります。特技や生まれつき持っている個性など、自分にしかないものは何なのかをしっかり考えておきましょう。

面接の練習をしておくことも大切です。よく聞かれる質問は決まっているので、それに対してスムーズに答えられるように練習しておきましょう。例えば、自分の特技、アピールポイント、目指すタレント・俳優、志望理由は定番の質問です。その質問に対して、具体的に答えられると印象に残ります。答える内容はもちろんのこと、大きな声ではきはきと答えること、礼儀正しい態度や姿勢なども普段から意識して練習しておきましょう。

また、目指すタレントになるためには、プロダクション選びも重要です。プロダクションによって、映画、ドラマ、バラエティ、ドラマ、CMなどのどの分野への出演が多いのか特徴があります。そして、その特徴に合った志望動機を述べることもアピールになります。

子役は可愛らしい子が多いですが、それは顔の良し悪しではなく、どれだけ自分の個性や魅力をアピールできるかによります。自信を持って、自分の良さを伝えられるような子が求められています。

子役を目指すことのメリット

子役として活躍させることには、様々なメリットがあります。第一に、将来俳優や女優などを目指したい場合、芸能界で生きていく知識を身に着け、演技力や人間力を高めていけることです。周りには自分が将来目指したい俳優、女優がいて、間近で見ることができます。また、同年代の子役の方々と触れ合うことで切磋琢磨することができます。

また、幼いうちから自分の目標を持ち、競争社会の中で頑張っていける力は将来芸能の仕事をしないとしても役立ちます。諦めない気持ち、目標に向かって努力すること、くじけずに前を向いて進める力、など人が生きていく中で大切なことがたくさん学べます。芸能の仕事以外の新たな夢ができたとしても、その分野で活躍できるでしょう。

そして、子役として仕事をしたり、オーディションを受けたりすることで、貴重な経験ができることもメリットです。普通の生活をしている子供では会えない人に会えて、行けない場所に行けて、多くの刺激を受けます。それが子供に様々な影響を与えてくれます。子供に多くの経験をさせたいというのは、親なら誰もが思うことではないでしょうか。子役として活動することによって、それが可能になるのです。

子役を持つ親も貴重な経験ができ、子育てに役立つスキルを身に着けることができます。養成所や現場では幼児教育のプロに直接様々なメソッドを教えてもらえます。それにより、子供が外でぐずったり、駄々をこねたりしないように育てることができます。そして、大人の話をしっかり聞き、行動できる子になります。挨拶など人としてのマナーも身に付きます。

まとめ

子役は0歳から活躍できる仕事です。0歳のときには、もちろん子供自身の意志ではなく、親の希望や興味によって始めます。しかし、子供が少しずつ成長していくうちに、演技や歌、テレビなどに興味が出てくるでしょう。興味が持てることを見つけるためにも、様々な経験ができる子役の仕事はおすすめです。

また、俳優になりたいという夢を持っている方はもちろん、人生で成功するための力が身に着けられるのもメリットです。多くの経験を積み、自分を高めていける子にさせたいなら、養成所のオーディションを受けてみてはいかがでしょうか。