• > 
  • アヴィラステージの特徴と評判は
               

オススメ俳優スクールランキング

8.5

第2位
アヴィラステージの特徴と評判は

アヴィラステージのHP
アヴィラステージの特徴と評判は 5点満点中 4.25
POINT

アヴィラステージの設立は2009年と、比較的新しい芸能プロダクションです。そもそもの前身は1989年に創業されたアバンギャルドです。アバンギャルドといえば、かつては一世を風靡したグラビア系アイドルを抱えた大手芸能プロダクションです。そのアバンギャルドが、さらなる可能性を広げるためアヴィラステージを創設しました。

現在はグラビアアイドルのほか、若手や男性タレント、さらにものまねタレントなども抱える大手芸能プロダクションと進化しています。さらに新たな可能性を発掘するためのオーディションにも力を入れています。進化し続ける芸能プロダクションであり、幅広いジャンルにチャレンジし続けるその魅力を紹介します。

ジャンル枠を拡大し発掘しつづける探求心がある

アヴィラステージは、アバンギャルドに当時在籍していたグラビアアイドルが多数移籍することから始まったこともあり、最初の頃にはこうした女性タレントが半数以上を占めていました。しかしこの会社の設立は新しい可能性の発掘と育成を目標にしていたこともあり、女性タレントの枠に留まりませんでした。10代前半のタレントの発掘、男性タレントオーディションとその幅を広げ、現在ではものまねタレントや声優、モデルなど様々なタレント枠の発掘を続けています。

それだけではありません。株式会社アヴィラとして芸能育成スクールを設立し、努力を続ける人達の可能性を広げるため日々活動を続けているのです。タレント枠の拡大のみならず、タレント自身の可能性も広げることを大切にしています。

グラビアアイドル色がいまだ濃く残る

これは致し方が無いことではあります。しかしアバンギャルドの名前は大きいが故にその在籍タレントの多数の移籍による創業であるアヴィラステージは、芸能プロダクションのことをよく知らない人にも、グラビア系アイドルの所属プロダクションという色で見られがちです。そのためこのプロダクション所属と知れば、グラビア出身なのかと誤解してしまう人がいるというところもあります。

これは創業して比較的新しい芸能プロダクションである以上、すぐに払拭できるものではありません。じっくりと年月をかけて、様々なタレントの活動を育て、多く人に固定されたそのイメージを払拭していくよりほかないのです。とはいえ、可能性を秘めた芸能プロダクションですから、今後の活動如何で大きく飛躍する可能性も秘めています。

アヴィラステージの総評

アヴィラステージは、創立当初にグラビア系アイドルの多数移籍というイメージがあることで、グラビア系アイドルの芸能プロダクションと誤解されがちではありますが、これからの可能性を多分に秘めた芸能プロダクションです。今も新しい可能性の発掘を目指し、女優俳優の育成、年少タレントの発掘、男性タレントのオーディションを続けています。近年人気の急上昇しつつある美容タレントやオネエ系タレントもこの芸能プロダクションの所属です。

さらにこうした分野のみならず、声優部門や、モデルなど今後の可能性が眠っている分野を新しく発掘することにも力を注いでいます。つまり今後の飛躍が大いに期待できる芸能プロダクションと言えます。今あるイメージだけに固執してしまうと、将来の可能性を見逃すことになってしまいます。そうした点から考慮してもアヴィラステージは、将来的に大手芸能プロダクションへと変化する予感を感じさせる期待値の高いプロダクションといえるでしょう。

クチコミ

  • 娘が毎日見ているこども番組に出演している子役に憧れ、芸能界に入りたいと言い出しました。いくつかスクールを検討した上、アヴィラステージに入所させました。レッスンではこどもがきちんと理解できるように直すべきところ、伸ばしていくところを教えてもらえるので、本人のモチベーション維持に繋がっているようです。また保護者に対してもどうサポートしていくべきかアドバイスをもらえ、とても助かっています。
  • 芸能界を目指し始めた頃は、俳優スクールはデビューのチャンスが少ないと聞いたことがあり、一時期は芸能プロダクションを検討していましたが、アヴィラステージはプロダクションであるAVILLAと直結してお仕事をもらえます。まだ所属して1年半ほどですが、現場やオーディションなどたくさんのチャンスを与えてもらっています。
  • 芸能界でタレントとして活躍するための個性を引き出すレッスンが楽しいです。現在マルチに活躍しているタレントも多く在籍し、幅広く充実したレッスンを通して、タレントとして求められる資質を学ぶことができると思います。オーディションやチャンスも多く用意されていると思います。一視聴者としてテレビを見ていた頃とは全く違う視点や感覚を磨くことができています。
この記事をシェアする