• > 
  • 俳優スクールで行うカリキュラムとは?

俳優スクールで行うカリキュラムとは?

誰でも映画やドラマなどを見て、感動した経験があるでしょう。私たちの心を引き付ける俳優の演技力、圧倒的な存在感などは持って生まれたものなのでしょうか。何事においても、才能だけでなく努力が必要です。俳優としてのスキルを身に付けるには、専門機関でレッスンを受けるのが近道です。俳優スクールでは、どのようなレッスンが受けられるのでしょうか。そのカリキュラム内容について見ていきましょう。

自己を解放するトレーニング

俳優として活躍するためには、まず映画やドラマに出演する機会をもらわなければなりません。有名な俳優であっても、ドラマや映画によってはオーディションを受けて役を勝ち取らなければなりません。また、そのようにして様々な作品への出演を重ねていけば、監督に指名されるようになります。オーディションに合格するためにまず必要なのが自己PR能力です。

自己を開放するトレーニングでは、自分の良さ、アピールポイントなどをしっかりと伝えるためのトレーニングがあります。日本人は、自己主張するのが苦手な人が多いです。したがって、自分の本当の気持ちを強くアピールするための方法を身に付ける必要があります。トレーニングでは、声、話し方、表情、立ち振る舞いなどの細かい点まで指導してもらえます。

アクショントレーニング

俳優を目指している人の中には、ハリウッド映画の派手なアクションやカンフー映画のダイナミックな動きなどに感銘を受けたのがきっかけの方も多いのではないでしょうか。スクールでは、そんなアクションを基礎から学ぶことができます。まずは、マット運動などで体の柔軟さを鍛えます。そして、アクションの基本である構え方や組み手なども習得できます。このようなトレーニングでは、普段の生活では使わないような筋肉を使い、柔軟な動きや機敏な動きなどを行い、身体能力を高めることができます。

作品によっては、アクションシーンだけは別の人が代役で務めることもあり、俳優自身がアクションに対応できることは大きなアピールポイントになります。また、ここで身に付けた能力は、アクション映画だけでなく、幅広いジャンルでの演技、表現を行うのに役立てられます。

身体づくりのトレーニング

俳優として仕事をしていく中で、健康で元気であることは実は一番大切なのかもしれません。忙しいスケジュールの中で、しっかりと一つ一つの仕事をこなしていくためには、身体づくりのトレーニングも重要になってきます。スクールのカリキュラムの中には、ダンスレッスンもあります。歌手やミュージシャンになるわけではないのに、ダンスは必要じゃないのではないかと考える方もいるかもしれません。

しかし、ダンスを行うことにより、身体をしなやかに動かすことができるようになります。これは、俳優としてさまざまな表現を行うことに直結しています。また、ダンスでは演技レッスン以上に体全体を使い運動し、持久力をつけることができます。これは、健康な身体づくりにも非常に関わりが深いです。

まとめ

芸能スクールでは、さまざまな目的を持って、多様な授業内容を含んだカリキュラムが組まれています。ただ単に演技だけを学ぶのではなく、自己表現、アクション、身体づくりなどのレッスンがあります。一見、俳優には関係ないように思えるレッスンであっても、実は俳優として活躍するために非常に役立つ内容です。したがって、幅広いスキルを身に付けることができるカリキュラムのある芸能スクールがオススメです。

この記事をシェアする